コラム&NEWS

地方で働くなら転職エージェントがよい?地方への転職を成功させるポイント[紹介2]
2021/06/23

都会の忙しい生活を離れ、自然いっぱいで通勤のストレスも少ない地方での働き方に憧れを抱く方は多いのではないでしょうか。
しかし、地方への転職は都市部と比べて情報量も少なく、ハードルが高いと考えられがちです。


そこで今回は、地方への転職を成功させる「転職エージェントの活用方法」について詳しく解説します。


フェローシップでは、キャリアコンサルタントがお客様一人一人の将来に最大限寄り添ったキャリアプランの提案をおこなっています。
1人で不安を抱えこむ前に、転職エージェントを利用して地方転職に対する悩みを解決しましょう。
※地方転職についてプロのコンサルタントに相談したいからはこちらから


紹介事業部

地方で働くことで理想のキャリアプランへ

自身のキャリアプランを見直した時に、今の仕事内容や勤務地域にギャップを感じる方もいるのではないでしょうか。
自身の悩みの根本的な問題が場所にあるのだとすれば、地方に転職をすることを視野に入れた行動を考えてみてはいかがでしょうか。


地方に多い仕事や地方に本社がある企業など、場所によってさまざまな内容の仕事があるため、自身のスキルや資格を活かすことができる企業に転職すればキャリアアップにつながる転職が可能です。


地方転職には大きく分けて3つのパターンがあり、「Uターン」「Iターン」「Jターン」と呼ばれています。
これら単語は求人を探す際や転職エージェントに自身の希望を説明する際に使うと便利な単語です。
それぞれの特徴を把握しておくと良いでしょう。
これらの違いや特徴については、
▶「Uターン転職のやり方!故郷で自分らしい理想の働き方を実現する方法」
▶︎「Iターン転職のやり方とは?地方で仕事を探す方法・メリット、注意点」で詳しく解説していますのでぜひご参照ください。


地方で転職をする際の注意点

地方での転職をおこなう前に、地方に転職することで変化することを把握しておくことで、転職後の仕事やライフスタイルのギャップを少なくすることができます。


地方に転職する際の注意点を紹介します。


地方での生活環境の変化

都会から地方へ引っ越す際、周辺環境やライフスタイルが大きく変わることになります。


地方における生活環境は、気温や気候、地域の慣習や娯楽施設の有無までさまざまです。
例えば、田舎にはスーパーや商店はあるものの、都会の大型デパートのように品揃えが豊富な商業施設は少ないです。
そのため、地方移住をする際は通販やネットスーパーを活用しなければいけない場面もあります。


また、子供がいるご家庭の場合は、学校や幼稚園・保育園が通える距離にあるかどうか、位置を忘れずにチェックしておくことも大切です。


希望条件と自身のライフスタイルを照らし合わせ、どのような環境が自分に一番合っているか、じっくりと考えて転職先を選ぶようにしましょう。


求人数に差がある

一般的に地方では「求人数が少ない」といわれていますが、実際はどうなのでしょうか。


厚生労働省が発表した2020年度の都道府県別の平均有効求人倍率 (求職者1人あたりの求人の数)を見てみましょう。


1位は福井県で1.71、2位・3位に岡山県と島根県が続く形となりました。
これらの県では求職者よりも求人の数が上回る、いわゆる「職あまり」の状態にあることが分かります。


一方で、東京都は44位、神奈川県は46位、最下位は沖縄県の0.9となっています。
つまりこれらの地域では、空いているポストに対する求職者の数が上位のエリアに比べて多いことが示されています。


地域によって求人数にばらつきがあるため、自身の希望する地域にはどのような求人があるのか、情報収集をしっかりしておきましょう。


都市部から地方へ移住する場合は費用がかかる

都市部から地方へ転職する場合、移住に伴う費用について考えなければなりません。
新しい住まいの初期費用と家賃、家具の買い替えやそれを運送する費用など、大きな出費になることがあります。


また、地方で生活するためには車が必要になるかもしれません。
この場合、車の購入費のほかにも、自動車税やメンテナンス代などのランニングコストが発生します。


移住を決める際は、事前に費用を試算し、自治体の費用補助が利用できないかもチェックしておきましょう。


転職エージェントで地方での転職の壁を乗り越えられる

地方での転職が難しいといわれる理由は、やはり「情報量の少なさ」や「周りからのサポートが得られない」ことに対する不安からくるのではないでしょうか。


地方就職・転職に強いエージェント を活用すれば、これらの悩みを解消し、希望する地方転職に一歩近づくことができます。


豊富な求人情報を得られる

転職エージェントを活用することで、転職活動に役立つさまざまな情報を集められます。 特に地方転職の場合、求人サイトには載っていないような地域限定の求人情報なども専門家を通して入手できる可能性があります。


また、転職エージェントのコンサルタントの中には求職をおこなっている企業の担当者と関係を持っている人が多く、その企業の実際の様子について詳しく聞くことができます。


会社の風土や事業戦略、現在直面している課題など、Web上だけではなかなか知り得ない情報を教えてもらうことで、より深い企業研究をするのに役立ちます。


「地方には掲載されている求人数が少ない」と考えている方には、就職・転職エージェントに一度相談してみることをおすすめします。
今まで知らなかった新しい仕事を見つけられるかもしれません。


コストを削減し効率的な転職活動ができる

転職活動に伴う全ての作業を個人でこなす場合、多くの時間と手間がかかります。


特に地方転職では、実際に企業や周辺地域の様子が知りたい場合には現地まで向かわなければなりません。
また複数の企業の書類選考に通過した際には、それぞれの企業との面接のために何度も移動することとなり、金銭面の負担も大きくなります。


しかし、転職エージェントを活用すれば最初から自分の希望条件に沿った求人を紹介してくれるので、都会にいながらも効率的に情報収集をおこなうことができます。


ほかにも、スタッフに依頼すれば面接日程のスケジュールを組んでもらえるとメリットもあります。
同じ日に複数の面接を設定してもらうことで、移動の回数を減らし、時間やお金の節約ができます。


転職活動への手厚いサポートを受けられる

転職エージェントを利用する大きなメリットの1つが、「企業探しから内定が出るまでの一貫したサポートを受けられる」点です。


転職することを決めたはいいものの、「自分のスキルが活かせる場所がわからない」「何を軸に企業選びをしていいかわからない」という悩みを持つ人も多いはず。
転職エージェントは、利用者とのコミュニケーションを通して、個人の長所や前職での経験などを徹底的に分析してくれます。


さらに、企業にエントリーした後も、選考を通過するために自身の長所や経験をどのようにアピールすべきか指導してくれるので、書類・面接の通過率の上昇が見込めます。


地方への転職を政府も推進している

現在、内閣府は「地域創生」を目的とした「プロフェッショナル人材事業」を打ち出しており、都市部で得た経験・スキルを地方で活かす働き方を推進しています。


プロフェッショナル人材事業とは

「プロフェッショナル人材事業」では、まず地域企業に対して新事業や新坂路の開拓促し、次にその実践に必要となる人材のニーズを掘り起こします。


都市部大企業などのパートナーシップ企業の中から、ニーズに見合ったプロフェッショナル人材をマッチングさせ人材交流をおこなうことで「地方創生」と「個人のキャリア実現」を両方叶えるという仕組みです。


さらに、人材のマッチング後も、金融機関や人材事業者との連携を図りながら企業の課題解決やさらなる成長に向けてフォローアップをおこなっていきます。
※参照:内閣府プロフェッショナル人材戦略ポータルサイト


各都道府県に置かれたプロフェッショナル人材戦略拠点では、人材ビジネス事業者と提携を結んで求人ニーズの発掘をしています。


フェローシップ もこのプロフェッショナル人材企業に参加しているエージェントであり、都内だけでなく地方での転職にも力を入れています。
「都会で働いた経験を生かして、地方創生を担う人材になりたい」という思いをお持ちの方は、ぜひご相談ください。

転職エージェントを活用して地方で働く

地方への転職を考え始めたなら、まずは情報収集と信頼できるサポーターが必要です。


フェローシップは、豊かな情報量と手厚いサポートで相談者様の地方転職を支援しています。
1人で情報を集めていては多くの時間と費用がかかりますが、転職エージェントに依頼すればコンサルタントが希望条件に沿った転職先を提案してくれます。


転職エージェントを上手に活用しながら、地方転職に成功してキャリアもプライベートも充実した生活を実現しましょう。
※地方に強い転職エージェントに相談したい方はこちら


BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。