コラム&NEWS

外国人の恋人と同棲するために必要なビザとは?種類や手続き方法[グローバル2]
2021/09/07

外国人の恋人と日本で一緒に暮らす場合、どのようなビザ(在留資格)を取得する必要があるのでしょうか。

外国人の方が90日以上日本に滞在する場合には、目的に応じた在留資格を取得する必要があります。

しかしながら現状の日本では、「同棲すること」を滞在目的として取得可能なビザ(在留資格)は存在しません。

そこで今回は、日本の現在の在留資格の制度を活かして外国人の恋人と一緒に暮らす方法についてお伝えします。
短期滞在ビザや結婚ビザについても合わせてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

外国人の方の仕事をお探しの場合はフェローシップへの相談がおすすめです。
外国人の方を積極的に採用している企業の情報はもちろん、外国出身の社員も多数在籍しているので、慣れない外国で暮らしている方ならでは悩みも相談することができます。

まずは一度、フェローシップがご紹介しているお仕事情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。 ※フェローシップのお仕事情報はこちらから

グローバル事業部

外国人の恋人と日本で暮らすために必要なビザ

外国人の恋人と日本で一緒に暮らすためには、ビザ(在留資格)の取得が必要です。

在留資格は留学や就労、日本人との結婚など目的に応じて様々な種類に分かれていますが、現状の制度では「同棲すること」を目的としたビザ(在留資格)はありません。

そのため、日本に滞在する上で就労や留学などの同棲以外の目的を定めて在留資格の取得を目指す必要があります。

既に恋人が日本の在留資格を持っている場合

外国人の恋人が既に就労ビザや留学ビザ、技能実習ビザなどの在留資格を取得し日本に滞在している場合は、日本人と一緒に暮らすために在留資格を変更する必要はありません。

日本人と結婚をする場合は「配偶者ビザ」への変更を考える必要がありますが、入籍せずに恋人として一緒に暮らす場合は、現在の在留資格のままで問題なく同棲を始めることが可能です。

海外にいる恋人を日本に呼ぶ場合

現在海外で生活している恋人を日本に呼び、同棲を始める場合は新たに在留資格を取得する必要があります。

同棲することを目的とした在留資格はないため、留学ビザや就労ビザを取得してもらうか、結婚して結婚ビザ・配偶者ビザを取得してもらう必要があります。

また、”滞在可能な日数が90日以内”という制限はありますが、取得が簡単な短期滞在ビザで短期間の同棲を試すことも可能です。

【結婚はせずに】海外にいる恋人を日本に呼んで同棲する方法

結婚はせずに恋人として海外にいる恋人を日本に呼ぶためには、「短期滞在ビザ」を取得する方法と、「留学ビザ」や「就労ビザ」などの在留資格を取得する方法があります。

短期滞在ビザを取得する

短期滞在ビザは90日以内の滞在を許可するビザで、観光客や出張を目的として来日する人が主に取得するビザです。

そのため、滞在できる期間が短く日本で働くことができないため、あくまでも”同棲のお試し”のような形になってしまいます。

しかし、日本での長期滞在に必要な在留資格の取得と比較して手続きや費用が大幅に少ないため、取得に向けたハードルは低いというメリットがあります。

まずは一度短期滞在ビザで来日してもらい、問題なく日本で生活をすることができれば長期滞在に必要な在留資格の取得を目指すというのもおすすめです。

なお、短期滞在ビザでの日本滞在中は就労することは禁止されていますが、就職活動を行うことは可能です。
企業との面接や転職エージェントへの相談などはできるので、今後就労ビザの取得をお考えの場合はあらかじめ就職の準備をすることもおすすめです。

留学ビザを取得してもらう

長期的な日本での滞在に向けて「留学」の在留資格を取得することもおすすめです。

これは日本の高等学校や大学だけでなく、専門学校や日本語教育機関で学びたい人も対象としています。
そのため、日本語や日本での就労に必要な専門知識を学びながら一緒に暮らすことが可能になります。

ただし、「留学」の在留資格では基本的にアルバイトなどの就労が認められていない点には注意が必要です。
「資格外活動許可」を申請することで、原則1週間につき28時間以内の就労が可能になるため、必要な場合は以下の出入国在留管理庁のホームページを参照してください。

参照:出入国在留管理庁|「留学」の在留資格に係る資格外活動許可について

就労ビザを取得してもらう

日本で働くことを目的とした在留資格を取得することでも、日本での長期滞在が可能になります。

就労することが可能な在留資格を取得することで、恋人も日本で働いて収入を得られる点が最大のメリットといえます。

就労を目的とした在留資格は、仕事の内容によって審査基準や資格の種類が異なります。
そのため、恋人の現在までの職務経験や日本での就職先を考慮しながら申請をすすめる必要があります。

在留資格の種類や内容については、以下の出入国在留管理庁のホームページを参照してください。
参照:出入国在留管理庁|在留資格一覧表(令和2年9月現在)

日本で仕事を探すなら

外国人の方が日本で仕事を探す際には、転職エージェントの活用がおすすめです。
仕事探しのプロに相談することで、書類選考や面接のサポートを受けられるだけでなく企業や業界の最新の情報を簡単に入手することができます。

フェローシップは外国人の方に特化した仕事探しのサポートをおこなっています。
外国人の方を積極的に採用している企業情報や実際に就職を支援した豊富な経験をもとに、仕事探しの専門家が一人一人にあった求人情報をご紹介します。

中国出身の社員に中国語で相談することもできるので、中国人の方は母国語で日本での就職に関する疑問を解決することができる点も特徴です。

興味をお持ちの方は、ぜひこちらの無料のフォームに登録ください。
※無料で仕事探しのプロに相談するにはこちらから

外国人の恋人と結婚して一緒に暮らす方法

外国人の恋人と結婚することで、「日本人の配偶者等」という在留資格を取得することができます。

”配偶者”という名称ではありますが、日本人の扶養に入っていなければいけないわけではないため、「日本人の配偶者等」の在留資格を持った外国人の方が家庭の生計を立てている場合でも取得することが可能です。

この在留資格では日本での活動内容に特に制限がかからない点が特徴です。
日本での就労や年齢などの制限もないため、留学ビザや就労ビザとは違って自由に仕事ができる点が魅力といえるでしょう。

恋人が海外にいる場合

恋人が海外にいる状態で結婚する場合に日本の結婚の手続き方法をご紹介します。
ここでご紹介する方法に加えて、恋人の国側での手続きも必要になるため、そちらも合わせて準備を進めてください。

恋人の国籍によって必要な書類は異なるため、はじめに市区町村役場で結婚手続きに必要な書類を確認しましょう。

また、海外にいる恋人側でも書類を準備する必要があります。
恋人に、自分の国にある日本大使館や領事館で書類を取得し、記入してもらいましょう。

そして必要情報を記入した書類を日本に送付してもらい、自分が記入した書類と合わせて市区町村役場で結婚手続きを行えば1週間〜10日程度で手続きが完了します。

恋人が「留学ビザ」で滞在している場合

現在、恋人が「留学ビザ」で日本に滞在している場合は、結婚の手続きが終了したのちに在留資格を「日本人の配偶者等」に変更することで日本に引き続き滞在することができます。

仮に留学ビザの滞在期限が迫っている場合でも、結婚手続きがきちんと終了しているならば、出入国在留管理庁に申請することで最長2ヶ月間の期間延長を付与してもらうことができます。

ただし、結婚が決まったからといって在留資格を変更する前に学校を辞めたり、就労を始めたりする場合は申請が不許可になってしまうので注意してください。

恋人が「就労ビザ」で滞在している場合

現在、恋人が「就労ビザ」で日本に滞在している場合は、結婚の手続きが終了したのちに在留資格を「日本人の配偶者等」に変更することで日本に引き続き滞在することができます。

結婚後も引き続き現在の仕事を続ける場合は無理に変更する必要もありませんが、「日本人の配偶者等」では就労の制限がなくなるため、より自由に働くことが可能になります。

日本での仕事の幅を広げるためにも、在留資格の変更手続きを進めることをおすすめします。

恋人が「技能実習ビザ/研修ビザ」で滞在している場合

現在、恋人が「技能実習ビザ/研修ビザ」で日本に滞在している場合は、結婚の手続きが終了した場合でも「日本人の配偶者等」の在留資格へ変更することが難しいです。

技能実習や研修は、日本で学んだ技術を帰国後本国で活かすことを目的とした在留資格であるため、事前に実習・研修期間中の婚姻を禁止されている場合も多いです。

そのため、現在技能実習や研修で来日している恋人と結婚する場合は、実習・研修期間終了後に一度帰国してもらい、最低でも半年程度の間を明けてから結婚手続きをおこなうことをおすすめします。

まとめ

外国人の恋人と日本で一緒に暮らすための手続きについてご紹介しました。

現在の就労状況やこれまでの職歴などによって適した方法が異なってくるため、ご自身の状況と照らし合わせて、自分たちに合った手続きを選んでみてください。

外国人の方が日本で仕事を探す際には、ぜひフェローシップにご相談ください。
面接や書類作成などの選考対策のサポートはもちろん、外国人の方を積極的に採用している企業情報も豊富に取り揃えています。

まずは一度、フェローシップがご紹介できる仕事についてチェックしてみてください。
※フェローシップで外国人の方におすすめの仕事情報をチェックする
グローバル事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。