コラム

両面を知っておくことが大切。外国人雇用のデメリット・リスク
2020/10/14

少子高齢化、労働力人口減少の解決が至急の課題とされている日本社会。政府もこの緊急事態をなんとか解決すべく、様々な策を練っています。

<ダイバーシティの強化>を訴え、女性と高齢者の雇用を企業に促したり、外国人雇用促進をアピールしたり……。

とくに<外国人雇用>に関しては、いまや日本だけではなく全世界で優秀な人材の争奪戦となっているといっても過言ではないでしょう。

 

特に現代の日本では希望者が少なくなった力仕事、介護職などのジャンルには今後外国人人材の存在が欠かせない――。それは誰もが容易に想像できるのではないでしょうか。

人材不足が慢性化し空気が停滞した職場に若い外国人人材が新たに入れば、職場が活性化され社員の士気も高まることが予測されます。当然、仕事の効率もあがることでしょう。雇用のための様々な手続きを踏んででも、外国人人材を雇用するメリットは大きいと思われます。

 

ただし、外国人人材を雇用することで生じるデメリットは当然ながらあるもの。それは最初からよく理解しておいたほうがいいと思います。

とくに、外国人人材の雇用が初めて、という企業であればなにかと戸惑うことも多いかもしれません。一概には言えませんが、外国人人材の中には<働き方>について日本人とは大きく異なる考え方を持っている人も。たとえば残業は効率的ではないのでしない、自分のその日にするべき仕事が終了したら、たとえ就業時間内であってももう仕事はしない、夕飯は家族でとりたいので飲み会には参加しない、などが戸惑う原因としてよく聞かれるところでしょうか。ほかにその国独特の文化や習慣を事前にリサーチしていなかったため理解ができずに摩擦が生じてしまう、などもあるようです。

また、たとえば社内や工場内に注意喚起を促す張り紙などを張っている場合は、当然ながらそれらを英語もしくは雇用した外国人人材の国の言語でも書く必要があります。就業規則なども同じこと。雇用すれば、そういうひと手間が増えることは避けて通れません。

 

外国人雇用のメリットだけではなく、デメリットやリスクなども雇用前に知っておくことは大切なこと。なお、外国人人材雇用を希望する場合は直接雇用だけではなく人材派遣会社に適切な人材の派遣を依頼するという方法も。株式会社フェローシップは、これまで外国人人材派遣での成功例を多く積み上げてきました。外国人人材の雇用を検討される際にはどんなことでもお気軽ご相談ください。


BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。