コラム&NEWS

転職エージェントを複数利用するメリット・デメリットを徹底解説[紹介2]
2021/05/04

転職活動をする際、転職エージェントを「複数利用することはできるの」というような疑問を持たれている方も多いと思いますが、転職エージェントを複数利用することは可能です。
実際に、多くの転職者が2社以上の転職エージェントに登録し、サービスを利用しています。

今回は、転職エージェントを複数利用する際の、メリット・デメリットについて詳しく解説します。

フェローシップでは経験豊富な転職エージェントが、丁寧なヒアリングから自身に合った求人を多く紹介しています。
就労支援など様々なサポートも充実しているので、転職エージェントを複数検討している場合の選択肢としてご利用ください。

紹介事業部

転職エージェントとは

転職エージェントとは、人材紹介サービスのひとつです。
最初に担当者が自身の情報や希望の職種、持っているスキルや経験などを加味して様々な求人を紹介してくれます。

エンジニアに特化した転職エージェントや外国語スキルを活かせる求人を多く持つ転職エージェントなど、様々な種類の転職エージェントが存在します。

第三者の視点でアドバイスやサポートをおこなってくれるため、比較的スムーズに転職活動をすることができるでしょう。

求人サイトとの違い

転職エージェントと求人サイトでは、大きく分けて2つの違いがあります。

求人の数

求人サイトは自身で求人を調べるため、掲載されている全ての求人を閲覧することができます。
一方転職エージェントは、ヒアリングを経た担当者が自身に合った求人情報を選定して紹介してくれます。

自身が閲覧できる求人の数だけでいえば求人サイトの方が多いですが、自身の希望の職種や業種、資格やスキルを活かしたいなど、ある程度希望の転職先が決まっている場合は転職エージェントを利用することで効率よく転職活動を進められるでしょう。

相談ができるかできないか

転職活動をスムーズに行う上で書類の書き方や企業研究など、様々な準備を丁寧におこなうとも重要です。
転職エージェントは自身に合った求人を紹介してくれるだけではなく、転職活動をスムーズにいくようにサポートもおこなってくれます。

面接や書類選考など、求職者が不安に感じる要素を解決するために、様々な相談に乗ってくれることも転職エージェントを利用するメリットのひとつです。

転職エージェントを複数利用するメリット

転職エージェントは数多く存在します。ここでは複数の転職エージェントに登録し、転職活動をおこなう際のメリットをご紹介します。
複数の転職エージェントを利用するメリットをきちんと理解し、自分の転職活動でうまく活用できるようにしましょう。

多くの求人情報を見つけられる

転職エージェントの多くは、その企業でしか扱っていない求人情報を持っています。
転職エージェントを複数利用することで、特定の転職エージェントしか持っていない情報を数多く入手することができるのは、最大のメリットといえます。

得た情報を比較することで転職活動をさらに有利に進めることができるでしょう。

相性のよいエージェントに出会える

複数のエージェントと話すことで、自身の希望する職種に強い転職エージェントに出会える可能性が上がり、効率良く転職活動を進めることができます。

基本的に転職エージェントは1人に対して1人の担当者がつくことが多く、その担当者の持つ情報や経験によって転職活動の結果が左右されることもあります。そのため、担当者との相性は非常に重要です。

自身に合う担当者を効率よく探すことができるのも複数の転職エージェントを利用するメリットだといえます。

アドバイスを複数もらうことができる

複数の転職エージェントに登録するということは、その分担当者も増えるということです。 そのため、様々な状況で複数のアドバイスをもらうことができるでしょう。

もらったアドバイスの中から自身に合ったアドバイスを参考にして転職活動の指針を決めることが可能ですが、転職エージェントによっては正反対のアドバイスをもらうこともあります。

様々なアドバイスを得ることができる一方で、どのアドバイスに沿って転職活動を進めていくかをしっかりと決めることも重要です。

他社と比較ができる

転職エージェントを初めて利用する方は、担当のエージェントのアドバイスに不安を持ったり、本当に自身に合った求人なのか迷ってしまうことがあるかもしれません。

転職エージェントを複数利用することで、他社と比較しながら「このエージェントに任せられるかどうか」を検討することができ、自身に合った転職エージェントを見つけられる可能性が高くなります。

転職エージェントを複数利用するデメリット

転職エージェントを複数利用することはとても便利ですが、デメリットも存在します。
メリットとデメリットをしっかりと把握し、自身に合った方法で転職エージェントを利用しましょう。

やり取りすることが増える

転職エージェントに登録した場合、最初の段階として担当者に自身の経験やスキル、希望条件などを面接で詳しく伝える必要があります。

複数の面接が進行している場合や求人の情報が多くなってくると、転職エージェントのオフィスに足を運んだり連絡する回数も多くなります。
あまり多くの転職エージェントに登録してしまうと、その分の時間が必要になるので登録時には注意が必要です。

また、複数の転職エージェントと連絡を取らなくてはならないため、ストレスを感じてしまうことがあるかもしれません。

情報量が増え、迷いやすくなる

複数の転職エージェントに登録すると、その分アドバイスをしてくれる担当者が増えます。

しかし、全員から同じアドバイスを貰えるとは限りません。全く異なるアドバイスを同時にされた場合、どちらの意見を優先するべきか判断するのは自分になります。
「本当にこっちでよかったのか」とアドバイスを貰ったことで逆に不安になってしまう場合もあります。

同一の応募をしてしまう可能性がある

複数の転職エージェントに登録した際、それぞれのエージェントから同じ求人を紹介されることもあります。別のエージェントからすでに応募した企業へ、気づかずにもう1度応募してしまうという危険性があります。

もしもそうなってしまった場合、転職エージェントだけではなく、応募先の企業にも悪い印象を与えてしまう可能性があるため十分に注意が必要です。

自分に合った方法で転職を有利に進めよう

転職エージェントを複数利用する際の、メリット・デメリットを理解し、自分に合った方法を選び転職活動を効率よく進めましょう。

信頼できる転職エージェントを見つけて、うまく活用することが転職活動を成功せる秘訣になります。
フェローシップでは、キャリアプランの作成や自己分析、面接対策など手厚い支援をおこなっております。

複数登録する転職エージェントの1つとして、豊富な実績と知識量・情報量でサポートするフェローシップをぜひ検討してみてください。
紹介事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。