コラム&NEWS

回数が多いと不利?エンジニアの転職回数を上手にアピールするコツ[グローバルエンジニア2]
2021/10/18

IT業界は転職者が多い業界といわれており、その中でもエンジニアは転職回数が多い職種とされています。


転職を活かして収入UPやよりやりがいのある働き方を目指したいなど、様々な理由から転職活動を始めたいという方も多いでしょう。


しかし、転職の回数が多すぎるとキャリアアップどころか逆に自身の評価を下げてしまうことに繋がるのではないかと、転職に不安を感じている方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、エンジニアの転職回数がなぜ多いのかについてご紹介します。
転職回数が多いエンジニアに対して企業側が思うことと、その対策についてもご紹介するので、転職回数を自身の強みとしてアピールができるようにぜひ参考にしてください。


ITエンジニアへの転職をお考えの場合はフェローシップがおすすめです。


フェローシップのグローバルエンジニア事業部では、エンジニアの転職に特化した転職エージェントが多数在籍しており、手厚いサポートで転職を成功に導きます。


転職での不安点を相談することも可能なので、まずは一度フェローシップがご紹介可能なお仕事情報を確認してみてはいかがでしょうか。
※フェローシップの仕事情報はこちらから


グローバルエンジニア事業部

ITエンジニアにおける転職回数

ITエンジニアは元々転職回数が多い職種といわれています。
そのため、他の職種比べて転職回数が多くてもマイナスなイメージになりにくい印象があります。


しかし、同じ転職回数でもその回数がマイナスな印象に繋がるかは、その人次第になります。
エンジニアとして転職を何度も経験してきたかしっかりとした理由を説明することができれば、転職回数を強みと捉えてもらえるかもしれません。


エンジニアの転職回数が多い理由についてご紹介します。


求められる技術が共通している

エンジニアは求められる技術が共通しています。
会社や職場が変わってもプログラミング言語は共通しているので、プログラム技術に変わりはなく、職場に合わせて仕事を変える必要がありません。


今まで培ってきた経験や技術を転職先の企業でそのまま活かすことができ、仕事内容もほぼ変わらないことが多いです。比較的少ないため、企業側も即戦力として採用がしやすいです。


また、仕事内容が変わらないため転職しても生活リズムが変わることもほぼありません。
そのため、他の業界や職種と比べて、自宅からの通勤時間短縮など職場環境を変えたい時など気軽に転職を決める人が多い傾向にあります。


業界全体が成長している

IT業界の需要が高まり、業界全体で企業数の増加や技術革新が多く、エンジニアにおける転職先の選択肢がとても多いです。


経済通産省の「IT人材需要に関する調査」によるとエンジニアの需要は、2030年に79万人不足すると言われています。
大手企業も多くのエンジニアを求めているので、最新の動向を捉えている職場環境を求めて転職を決めるエンジニアも多いです。


実際の求人情報で最新事情をチェックする

最新の情報を知るには、実際の求人情報をチェックするとよいでしょう。


エンジニアの求人情報をチェックするには、フェローシップがおすすめです。
フェローシップは、ITエンジニアに特化しているので最新の求人情報を掴むことができます。


また、フェローシップではITエンジニア職のお仕事探しを積極的にサポートしています。教育制度も充実しているので、ぜひこちらの無料「簡単エントリー」フォームからご相談下さい。
※フェローシップに相談するにはこちら


IT技術者の転職事情

情報化社会が進み将来性の高いエンジニアの需要は、大幅に拡大しています。
それに比例し、キャリアアップを目指すエンジニアも増えており、現状よりも待遇の良い職場への転職を重ねるエンジニアが増加しています。


独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が発行している「IT人材白書2020 」では、人材流動は活発化傾向にあり、「異業種」への転職者数が「同業種」よりも増加しています。


その他、転職者の意向やIT業界における転職決定数推移、エンジニアにおける「前職と比べ賃金が明確に増加した転職決定者」の割合など、IT技術者の転職事情を詳しく知ることができます。
ご興味のある方は読んでみることをおすすめします。


また、ITエンジニアの将来性についてはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。
気になる収入やこれから活躍する人材の特徴についてもご紹介しているので、ぜひご覧ください。
▶︎ITエンジニアの将来性とは?ITエンジニアとして今後活躍する人の特徴について


転職回数が多いエンジニアに対して『企業側が思うこと』と解決策4選

転職回数が多いエンジニアに対して企業側が思うこと、懸念される要素とその解決策をご紹介します。


「採用してもすぐに転職してしまうのではないか」

エンジニアを採用する企業側としては、「なるべく長くこの会社で働いて欲しい」と思って採用活動をおこなっています。


しかし、今までの転職回数が多かったり、1つの企業での勤務期間が短すぎると「採用しても、またすぐに転職をしてしまうのではないか」という印象を持たれてしまいます。


その印象を拭うことができない場合、選考で不利になってしまうケースがあります。


解決策:転職理由はポジティブな印象を与えられるようなものにする

転職回数が多くても、「自身の目標を達成するため」「成長のために経験をしたいため」など、ポジティブな理由での転職であればマイナスな印象を持たれてしまうことはほぼありません。


転職の回数について聞かれるであろう面接では、ネガティブな転職理由は避け、できるだけポジティブ印象を与えられるようにしましょう。


「人間関係の構築が苦手なのではないか」

転職回数が多いと、「人間関係の構築が苦手で周りと上手く付き合うことができず転職を繰り返しているのでは」という懸念を持たれてしまうことがあります。


日本の企業ではチームで動くことも多いので、「同僚と上手くコミュニケーションを取ることができないのでは」とマイナスな印象を持たれてしまうと、選考で不利になってしまいます。


解決策:転職で培ったコミュニケーションスキルをアピールする

「周りの人と上手くやっていけないのでは?」という懸念を持たれている場合、今までの転職で培ったコミュニケーションスキルや協調性をアピールしましょう。


実際に人事部の方と話すことができる面接時には、緊張するのもわかりますが、できるだけ明るくはきはきと受け答えをしましょう。
受け答えをしっかりとできれば、「この人なら上司や同僚とよい関係を築くことができるだろう」と思ってもらえるのではないでしょうか。


自分がその企業で就労した時に、ポジティブなイメージを相手に持ってもらうように意識することも大切です。


「本人の希望と実際のスキルが噛み合っていないのではないか」

何度も転職を繰り返していると、企業側に「成長意欲があるのでは」と好印象を持たれることも多いです。


しかし、本人が希望するものとこれまでの経験を元にしたスキルが噛み合っていない場合は、「自身のことや職務内容を理解することができていないのではないか」、とマイナスな印象を持たれてしまうことがあります。


解決策:キャリアアップした経験をアピールする

転職回数が多いエンジニアは、キャリアプランを立てずに「なんとなく転職を希望しているのでは」と思われがちです。


希望と実際のスキルが噛み合っていないと思われないように、キャリアアップした経験とこれからのキャリアプランについて具体的に伝えることが大切です。
「自身のキャリアプランを実現するためにこのスキルが必要」ということを伝えることができれば、成長意欲が高いとポジティブな印象を持ってくれるでしょう。


こちらの記事ではキャリアプランの重要性についてご紹介しています。
立て方のポイントやキャリアプランを立てるメリット等についてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
▶キャリアプランとは重要性とメリット、立て方のコツをご紹介

まとめ

今回は、エンジニアの転職回数が多い理由や転職回数が多いエンジニアに対して企業が思うこととその解決策についてご紹介しました。


なぜ転職を重ねているのかについて、具体的かつポジティブに説明することができれば、転職回数を自身の強みとして選考を進められるのではないでしょうか。


「エンジニア・ファースト」の理念を掲げている「フェローシップ」では、ITエンジニアの転職活動を積極的にサポートしています。
知識と経験が豊富なエージェントが揃っており、転職回数を活かした転職活動をサポートするので、ぜひ一度フェローシップにご相談ください。

グローバルエンジニア事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。