コラム&NEWS

転職エージェントの費用とは?無料と有料サービスの費用・特徴の違い[紹介2]
2021/05/19

自分1人で転職活動に臨むのは不安も大きいことかと思います。
そんなときは専門家のサポートを受けることができる転職エージェントは非常に魅力的ですよね。

一括りに転職エージェントといっても種類が多く、無料のものから有料のものまで選択肢は幅広くあります。

そこで今回は転職エージェントにおける無料と有料の違いについてそのサービス内容や特徴を解説します。
転職活動を考えている方は、この記事を参考にして自分にぴったりの転職エージェントを探してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントのひとつであるフェローシップでは、一人一人のキャリアプランにあった転職活動のサポートを受けることができます。
自分らしい働き方を実現したいとお考えの方にはおすすめです。

紹介事業部

転職エージェントの費用とは

転職エージェントを利用する際にかかる費用には、どのようなものがあるのでしょうか。

一般的に無料で利用できる転職エージェントが多いですが、中には有料プランに加入することでより幅広いサービスを提供している場合もあります。

有料の場合、転職エージェントの利用費用は想定される利用期間に大きく2種類に分けることができます。

長期支援型の場合は、入会金に加えて1ヶ月単位で利用料金が定められているケースが多いです。
入会後1ヶ月利用すると25万円〜30万円程度が相場といえます。

短期集中型の場合は、相談時間あたりの利用料が定められているケースが多いです。
1時間当たりの利用料は5000円から1万円が相場で、担当するエージェントによって利用料が異なる場合もあります。

どちらのタイプを利用するとしても、転職活動期間に応じてかかる費用が大きく異なるといえるでしょう。

有料の転職エージェントの特徴

有料の転職エージェントにはどのような特徴があるのでしょうか。
お金をかけるからこそ得られる利点について解説します。

優先的なサポートを受けることができる

有料の転職エージェントでは、無料で利用する求職者よりも手厚いサポートを受けることができます。
相談できる回数や得られる情報量など、無料の場合と比較して豊富なサポートが利用できるため、より安心して転職活動を進めることができるでしょう。

非公開求人を閲覧できる

求人情報の中には、有料の利用者しか見ることのできないものもあります。
非公開求人には有名企業のものや福利厚生が充実しているものなど人気の情報が多い傾向にあるため、自分の希望にあった企業が見つけやすくなるでしょう。

キャリアプラン設計などの手厚いサポートがある

有料の転職エージェントでは、無料のエージェントと比較して受けられるサポートが充実しています。
資格取得の支援制度などが整えられている場合も多く、万全の対策をして転職活動に臨むことができます。

無料の転職エージェントの特徴

一般的に転職エージェントといわれる場合は、無料の転職エージェントが多いです。
費用は無料ですが、有料に負けないくらい手厚いサポートをおこなってくれますので、転職活動を効率よく進めることが可能です。

企業側の利用料で運営されている

無料の転職エージェントは登録している企業側がお金を払うことで運営されています。

エージェントが求職者のキャリアやスキルを調査することで、企業側には採用活動の手間を減らすことができるという利点があります。
企業側からの報酬で運営されているため、求職者側がお金を払わなくとも十分なサービスが展開されているのです。

料金や時間を気にせず転職にのぞめる

有料エージェントの場合、相談時間や利用期間に応じて料金が変動するため、時間を気にして転職活動に焦りや妥協が生じる可能性があります。
無料のエージェントの場合はそのような心配がないため、納得がいくまで徹底して転職活動をおこなえるといえるでしょう。

転職エージェントを上手に活用するコツ

転職エージェントを利用するにあたって意識したいポイントをご紹介します。
これらのコツを踏まえて、転職エージェントをより有効に活用しましょう。

担当者とうまくコミュニケーションをとる

転職エージェントの魅力は、第三者である担当者のサポートを受けられるという点にあります。
そのため、担当者といかにコミュニケーションをとるかが転職の成功に大きく関わってくるといえます。

自身の情報は正直に話す

自分自身の情報は正直に伝えることを心がけましょう。
転職を考えるきっかけはもちろん貯金や必要なお金、自分自身の性格についてもしっかりと伝えましょう。

当然のことですが、転職エージェントは、求職者から聞いた情報をもとにマッチングをおこないます。
そのため、希望をきちんと伝えなければ企業とのミスマッチを招いてしまう危険性があります。
あまり他人には伝えたくない情報もあるかもしれませんが、企業とのマッチ度は転職においてもっとも重要な観点なので、正直に伝えましょう。

様々な情報が得られることも

担当者とのコミュニケーションを円滑に進めることで、思わぬ収穫がある場合もあります。
企業全体としての情報ではなく、担当者が自身の経験などから得た知見などが手に入るかもしれません。

話し合いを重ねることで、より多くの収穫を得ることにつながるでしょう。

希望業界の様々な情報を入手する

求人情報やエージェントの所有するマニュアルに書かれていない情報についても、コミュニケーションを重ねることで入手できる場合があります。

わからない点があったときは積極的に質問を重ねるなど、会話を掘り下げることで自分の希望する業界や職種に特化した情報を得ることができるといえます。

コミュニケーションを通して自分の理想の働き方を明確に伝えることで、担当者から希望にマッチした詳しい情報を聞き出せることも多いですよ。

最後に動くのは自分自身だということを意識する

転職エージェントを活用することで、企業研究や面接対策などさまざまなサポートを受けることができます。

しかし忘れてはいけないのは、それらのサポートを受けながら実際に採用活動にのぞむのは自分自身ということです。
あくまでもエージェントはサポート役であるということを念頭に置き、受け身ではなく自発的に転職活動を行うことが大切です。

複数の転職エージェントを活用するのも有効

転職エージェントには多くの種類があり、企業ごとに得意な産業や特化しているサービスが異なります。複数のエージェントを活用することも選択肢のひとつといえます。

金銭面や転職活動に割くことのできる時間を考慮しながら、複数のエージェントを使い分けることで、より万全の対策をとることができるといえるでしょう。

それぞれの特徴を理解し、使い分けてみるのもよいかもしれません。

自身の状況によって最適な転職エージェントを活用しよう

現在の職場で勤務しながら転職活動を行うのか、退職してから転職活動をメインとした生活を送るのかなど、自身の状況によって転職活動のあり方は変わってきます。

活動にあてることのできる費用や時間などをきちんと把握し、自分にあった転職エージェントを活用していくことが大切です。

転職エージェントのひとつであるフェローシップでは、求職者オリエンティッドというスタンスを掲げ、求職者に寄り添った転職支援サービスを受けることができます。
有名企業の求人情報も多数紹介されているので、興味がある方は是非相談してみてください。
※求職者一人一人に寄り添った転職エージェントこちらから

また中国語を活かして働きたい、という方には TENJeeがおすすめです。
中国語スキルを持つ人専用の求人サイトなので、中国語という強みを活かせる仕事を簡単に探すことが可能です。
※中国語スキルを活かして働くならこちらから

募集条件や職種などをまずはチェックしてみてはいかがでしょうか。
紹介事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。