コラム&NEWS

【比較】システムエンジニアとプログラマーの違いは?業務や収入など総まとめ[グローバルエンジニア2]
2021/12/28

求職者から高い人気を集めているIT業界ですが、中でもシステムエンジニアやプログラマーに興味を持つ方が増えています。


ただ、「興味はあるけれど違いがわからない」「未経験から目指せるのか不安」と、名前をよく聞いたことがあるけれど実はあまりよくわかっていないという方も多くいます。


今回はシステムエンジニアとプログラマーの2つの仕事の違いを徹底解説します。


フェローシップでは、システムエンジニアやプログラマーをはじめとするITエンジニアの求人情報を多数ご紹介しています。
未経験の方にもおすすめな求人も多いので、まずは一度実際の求人をチェックしてみてください。


※フェローシップがご紹介中の求人情報はこちらから


グローバルエンジニア事業部

システムエンジニア(SE)とは

システムエンジニアの仕事内容や求められるスキルなど、基本情報をご紹介します。


主な仕事内容

システムエンジニアの仕事は、ざっくりいうなれば「クライアントから要望を聞き出し、それを解決するために必要なプログラムの企画書を作成すること」です。
一般的な一連の流れとしては、「要件定義」「基本(詳細)設計」「仕様書作成」とされることが多いです。


実際にプログラムを作成するのではなく、あくまでも要望を元にプログラムの設計図を作成するのがシステムエンジニアの特徴です。


他にも完成したプログラムにエラーがないかをチェックしたり、クライアントに提供後のアフターフォローをしたりする場合もあります。


求められるスキル

システムエンジニアに求められる主なスキルは、コミュニケーション能力とプログラムについての知識です。
クライアントの要望を適切に聞き出すことが、システムエンジニアの腕の見せ所です。


また設計したプログラムの完成に向け実際にプログラムを作成するメンバーとの連携も必要になるため、社内外問わず円滑なコミュニケーションをとるスキルが重要になります。


プログラムを実際に組み立てる必要はありませんが、仕様書を作成するためにはプログラミングに対する総体的な知識も必要です。
プログラミング言語の特徴などを踏まえた上で、クライアントのニーズを満たすべく組み合わせを考えるスキルが重要といえるでしょう。


システムエンジニア(SE)に向いている人

システムエンジニアに向いているのは、まず第一に人と関わるのが好きでコミュニケーションを得意とする人です。
働く上でより多くの人と関わりたいと感じる方におすすめの仕事です。


また、クライアントへのヒアリングをもとに必要なプログラムを考案するため、ロジカルな考え方ができる人も向いています。


プログラマーとは

ITエンジニアの中でも名前を耳にする機会の多い「プログラマー」の具体的な仕事内容など、基本情報をご紹介します。


主な仕事内容

プログラマーとは、プログラミング言語を用いて実際にプログラムを組み立てる仕事です。
システムエンジニアが作成した仕様書に基づいて、専門的な知識やスキルを活かしてプログラムを構築します。


ITエンジニアと聞いて多くの人がイメージする姿ともいえるかもしれません。


求められるスキル

プログラマーに求められるスキルは、読んで字のごとくプログラムを構築する技術や知識です。
プログラムというものは、プログラム言語と呼ばれる文字列を組み合わせて作られます。


ウェブサイトやゲームなどジャンルによって用いられるプログラミング言語は異なるため、身につけた言語ごとにプログラマーができる仕事というものは変わります。


プログラミング言語をより多く、専門的に身につけるほど作成できるプログラムの幅が広がると言えるでしょう。


プログラマーに向いている人

プログラマーに向いている人の特徴としては、1つの作業に集中して取り組むのが好きであるという点です。
好きなことに熱中するあまり、時間があっという間に経っていたという経験のある方はプログラマー向きかもしれません。


また、プログラミング言語は常に進化し続けています。
そのため、常に新しい知識を学び続けることを楽しめる好奇心旺盛な方もプログラマーにぴったりです。


システムエンジニアとプログラマー気になるポイントを比較

システムエンジニアとプログラマーの違いについて、気になるお給料面など詳しく比較します。


年収の違い

厚生労働省による「令和2年度賃金構造基本統計調査」の内容に基づき、システムエンジニアとプログラマーの給与事情を解説します。
同調査によると、システムエンジニアの平均的な年収は500〜570万円前後とされています。月収は33万円から38万円程度が平均的です。


これに対してプログラマーの平均的な年収は360万円から460万円前後とされています。
月収で見ると、26万円から31万円前後のようです。


このデータだけをみると、システムエンジニアの方が収入面ではやや高いといえるかもしれません。
しかし、平均的にみるとシステムエンジニアよりも給与が少ないプログラマーは、スキルや知識に応じて担当する案件の規模や数が変動しやすい職種です。


それに伴い、実力次第で非常に多くの収入を手にしているプログラマーも少なくはありません。
そのためプログラマーはスキルアップを目指した努力次第で大きくキャリアアップを目指せる仕事といえるでしょう。


参考:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況」


キャリアパスの違い

システムエンジニアとプログラマーのキャリアパスを比較します。
システムエンジニアの場合は、一般的に2つのキャリアパスの方向性があります。


1つは課題解決方法を考える力を磨くことで、ITコンサルタントを目指すキャリアです。
ITの知識を最大限活かして、企業の経営や売上などを総体的にアドバイスする役目といえます。


2つ目はプロジェクトマネージャーとして、プログラム開発の責任者を目指すキャリアです。
社内のプログラマー全体の管理など、マネジメント力を磨くことで目指すことのできる仕事といえます。


プログラマーの場合は、専門性を磨きプログラマーとしてのキャリアアップを目指す他、
プロジェクト全体の設計や統括に求められるスキルを磨くためにシステムエンジニアを目指すキャリアもあります。


高いプログラミング技術を培うだけでなく、SEの経験を通してマネジメント力を磨くことで、将来的にはプロジェクト全体を統括する仕事へのキャリアアップを目指しやすくなるといえるでしょう。


エンジニアのキャリアアップのコツやおすすめの資格については、こちらの記事で詳しく解説しているので興味をお持ちの方はぜひご覧ください。
▶︎エンジニアのキャリアアップとは?エンジニア転職でキャリアアップする方法


【よくある疑問】未経験からITエンジニアを目指せるのか

ここまでシステムエンジニアやプログラマーの特徴について解説してきましたが、専門的な知識も求められることから、未経験から目指すのは難しそうという印象を抱いた方もいらっしゃるかもしれません。


しかし、ITエンジニアは未経験の方でも安心して挑戦できる仕事です。
というのも、ITエンジニアは需要の急激な高まりから常に人手不足であるため、採用活動に積極的な企業が多いという背景があります。


こちらの記事で未経験からエンジニアを目指す場合のポイントを解説しているので、こちらを参考にぜひITエンジニアの世界に飛び込んでみてください。
▶︎未経験でもエンジニアに転職できる!転職成功のためのポイントを解説


フェローシップの活用でスキルアップしながら仕事探しを

フェローシップ では、エンジニアの求人情報を多数ご紹介しているだけでなく、スキルアップのためのサポートも充実しています。


Eラーニングシステムや資格取得の支援制度など、未経験の方やキャリアアップを目指している方にも安心のサポートが無料で受けられるので安心です。


こちらのエントリーフォームから簡単にご登録いただけるので、お気軽にご連絡ください。
※スキルアップのサポートも無料で受けられるフェローシップへのご登録はこちらから


未経験の方におすすめの転職エージェント活用法をこちらの記事でご紹介しているので、ぜひあわせて参考にしてください。
▶︎未経験のエンジニアは転職エージェントが有効?エンジニア転職を成功させる方法


まとめ

人気の高いIT業界の中でも特にメジャーなシステムエンジニアとプログラマーの違いについて解説しました。
どちらも需要が高まっており、人気の職種です。


ぜひ自分の特性や理想の働き方に合わせて、ぴったりの仕事を探してみてください。


フェローシップでは、有名企業・優良企業の求人情報を多数ご紹介しています。
仕事探しをお考えの方は、まずは一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

グローバルエンジニア事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。