コラム&NEWS

派遣の仕事の選び方は?各派遣形態の特徴とおすすめの職種を解説[派遣2]
2022/05/27

派遣社員として働いてみたいけれど、仕事の選び方が分からないという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
また、自分にあった職種が分からない方もいらっしゃると思います。

そこで今回は派遣の仕事を探すポイントや派遣の種類、おすすめの職種を解説します。

フェローシップは、ひとりひとりのご希望にあったお仕事をご提案することが可能です。
派遣での仕事をお探しの方はぜひ一度フェローシップにご相談ください。
※フェローシップへのご相談はこちらから

派遣事業部

派遣の仕事を探すポイント

派遣は派遣形態の種類が複数あったり、求人によって仕事内容が異なるため、ポイントを押さえて派遣の仕事を探すことが重要です。

派遣の種類を理解した上で応募する

派遣の仕事を選ぶ上で、派遣の種類を理解することは大切です。
それぞれの特徴を理解して自分に合ったものを選び応募できるように4つの派遣形態についてご紹介します。

短期派遣

長期派遣とは、契約期間が長期間の派遣形態です。
派遣会社によって差はありますが、一般的には契約期間が3カ月以上の仕事を指します。

長期派遣は初回契約から1~2カ月後に契約更新をする場合があり、この契約更新以降、3~6カ月程度の間隔で契約更新を繰り返すことが多いです。

ただし、労働基準法で派遣期間は最長3年と定められています。
3年以上同じ職場で働き続けるためには派遣契約以外の契約を結ぶ必要があります。

こちらの記事では長期派遣についてより詳しく紹介しています。
▶︎長期派遣の魅力とは?短期派遣との違いやメリット・デメリット

無期雇用派遣

無期雇用派遣とは、派遣期間を定めずに契約を結ぶ派遣形態です。
正式には「常用型派遣」といいます。

無期雇用派遣は派遣期間が最長3年というルールの例外になり、無期限雇用派遣は人気が高いです。
ただ、通常のフローとは異なって、採用までにいくつかの選考があります。

こちらの記事では無期雇用派遣についてより詳しく紹介しています。
▶派遣で働きながらキャリアアップできる「無期雇用派遣」のメリット・デメリットとは

紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、派遣雇用から直接雇用へと働き方が切り替わる派遣形態です。
働き方が切り替わるためには、最大6カ月以内に派遣先企業と本人の双方の合意が必要です。

紹介予定派遣は、派遣雇用から正社員等の直接雇用に切り替わる前に、働きながら職場の雰囲気や仕事内容を確認することができます。

こちらの記事では紹介予定派遣についてより詳しく紹介しています。
▶︎コロナ禍だからこそ知っておきたい!紹介予定派遣のメリット・デメリット、注意点とは

キャリアプランをふまえて選択する

長期的なキャリアを意識して仕事を選ぶのが重要です。
闇雲に応募するのではなく、「事務職を極めたいから様々な業界で事務職を経験する」などと、目的を見つけてから応募しましょう。

こちらの記事ではキャリアプランについてより詳しく紹介しています。
▶︎キャリアプランとは 重要性やメリット、立て方のコツをご紹介

雇用条件も確認する

仕事内容だけでなく、雇用条件もきちんと確認することが大切です。
仕事内容だけで判断してしまうと、いざ内定が決まった時に雇用条件が自分にあっていなかったとならないように、勤務地や始業・終業時刻、残業の有無、賃金の決定方法などをしっかりと確認しておきましょう。

派遣会社の担当者の力を借りる

派遣の仕事を探す際は、遠慮せずに派遣会社の担当者に相談して力を借りるのがおすすめです。
相談することで、自分の適性を客観的に教えてもらえたり、派遣先の情報をより詳しく教えてもらえたりするので、自分にあった派遣先を選びやすくなります。

派遣は仕事選びと同じくらい『派遣会社選び』が重要

派遣の仕事を探すためには、まず派遣の求人を扱っている派遣会社に登録する必要がありますが、自分にあった仕事を見つけるためには、この派遣会社選びが重要になります。
派遣の仕事を探す際に知っておきたい派遣会社選びが重要な理由をご紹介します。

理由① 福利厚生は派遣会社のものが適用される

1つ目の理由として挙げられるのが福利厚生です。
福利厚生には、法律で定められた社会保険や労働保険などの「法定福利厚生」とそれ以外の「法定外福利厚生」があります。

「法定福利厚生」は派遣会社のものが適用されるため、ため福利厚生が充実している派遣会社を選ぶことが重要になります。
「法定外福利厚生」は、下記のように派遣会社が実施するケースと派遣先が実施するケースの2種類に分けられます。

<均等・均衡方式>
均衡・均等方式とは、派遣先の正社員と派遣社員の賃金および待遇を同じにする方式です。
賞与や交通費についても派遣先の規定に従います。

<労使協定方式>
労使協定方式とは、同じ地域の同業種の平均またはそれ以上の賃金が支払われる方式です。
派遣会社と派遣社員が労使協定を結んで成り立ちます。

理由② 次の仕事を探せるかが重要

次の仕事を探せるかどうかは、派遣会社の求人件数を目安に判断すると良いです。
求人件数が多い場合、少ない場合に比べてその分選択肢が増えるため、自分の希望条件と合致する派遣先と出会える可能性も高くなります。

もちろん全ての求人が自分の希望条件にあっているわけではないので、求人数をチェックする際にはあわせて職種や勤務形態などの希望条件も確認してください。

理由③スキルアップのサポートはキャリア形成で重要

キャリア形成においてスキルアップのサポートが重要であることが挙げられます。
スキルアップセミナーや資格取得などのサポートは派遣会社ごとに違いがあります。

フェローシップでは、資格取得制度や無料のEラーニングなどのサービスを提供していて、求職者様のキャリアサポートに積極的に取り組んでいます。
手厚いサポートを受けながらスキルアップを目指すことが可能ですので、ご興味ある方はまずはお気軽にご相談ください。
※フェローシップへのご相談はこちらから

派遣会社選びについてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
▶︎派遣会社の種類や選び方のポイント、おすすめの登録方法を紹介

おすすめの派遣の職種と特徴

派遣の職種を選ぶ上で、自身がどのようなキャリアを描きたいかによっておすすめの職種は変化します。
未経験でも安心して就労できる職種やキャリアアップを目指したい方へおすすめの職種などを6種類ご紹介します。

未経験でも安心な『一般事務』

一般事務は、未経験でも挑戦しやすい職種です。
派遣の一般事務は、高いスキルを求められることや責任のある仕事を任せられることは少ないため、気楽に仕事がしたい人におすすめです。

基本的なPCスキルがあれば、どの会社でも問題なく働くことができます。
また、一般事務はどの派遣会社でも求人数が多いため、仕事に就ける可能性が高いです。

資格や経験を発揮してキャリアアップを目指せる『経理事務』

今までに経理事務の経験がある方や簿記の資格がある方におすすめです。
会社によって業務内容に細かい違いはあっても基本は同じであるため、派遣先によらず仕事に慣れやすいというメリットがあります。

また、専門的な職種であるため比較的時給が高いです。
経理事務は派遣雇用から正社員になれることが多いのも特徴です。

年末調整や社会保険など事務作業で活躍できる『人事』

人事は採用のイメージが強いですが、派遣社員は労務などの社内の事務作業が多いです。
社会保険や年末調整などの手続き、管理などを覚えれば比較的簡単に働くことができます。

また、どの企業でも求められるスキルが同じであるため、一度慣れてしまえば他の企業へ異動しても働きやすいです。

人気のIT業界で未経験でも挑戦しやすい『ITヘルプデスク』

IT業界は人手不足で積極的に採用がおこなわれているため、未経験OKの求人数も多いです。

ITヘルプデスクは、システムやサービスの技術的な問い合わせに対応する仕事です。
対象が外部の顧客ではなく、自社の社員からのIT機器やサービスの使い方に関する問い合わせに対応する場合もあります。

IT職はインターネットの普及とともに広がり、今後もさらに拡大していくことが予想されています。
ITヘルプデスクは技術面の専門的な知識やコミュニケーション能力を身につけることも可能ですので、IT職の経験をヘルプデスクで積んで、キャリアアップを目指すことも可能です。

シフトを組みやすく未経験でも挑戦可能な『カスタマーサポート』

カスタマーサポートは読んで字の如く、お客様のことをサポートする職種です。
企業や扱う商品によって内容は多岐に渡りますが、お客様と直接電話やメールでやり取りをすることが多いです。

お客様の質問や案内のマニュアルを整備している企業も多く資格なども不要なことから、未経験でも安心して就労することができます。

お客様と直接やり取りをするため、コミュニケーション能力や対人スキルなども身に付くため、キャリアアップも視野に入れて活躍できるかもしれません。

人と話し刺激を受けながら働ける『受付』

受付業務は、自身の企業に訪問したお客様に向けた業務を行うことが一般的です。
企業の顔として、マナーや企業イメージに沿った対応力などが求められます。

お客様との会話は状況によってそれぞれなので、単調な作業や事務作業が苦手な方に向いている職種だといえるでしょう。

まとめ

派遣の仕事はさまざまな種類が存在します。
自身の状況や希望をしっかりと確認することで、失敗のない仕事選びができるでしょう。

また、自身の得意不得意を客観的に把握しておくことも重要です。 フェローシップでは、担当者がヒアリングを行い第三者視点で自身に合った求人情報をご紹介します。

派遣の仕事選びに迷っている方はぜひ一度ご相談ください。

派遣事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。