コラム&NEWS

20代で派遣社員に転職して働くことのメリット・デメリット[派遣2]
2021/02/16
20代で派遣に転職する際に「20代で派遣に転職しようと思っているけど、本当に大丈夫かな」と不安に思っていませんか。

少し前までは20代で派遣という働き方は敬遠される傾向にありましたが、現在では「働き方改革」もあって十分魅力的な選択肢として考えられるようになってきています。

「働き方改革」における派遣の待遇の変化や派遣の仕組みを踏まえて、20代で派遣に転職するメリットやデメリット、将来後悔しない派遣生活を送るポイントを紹介します。

20代で派遣を検討している方で、未経験の業界・職種に挑戦し、キャリアアップを目指したい方はフェローシップにぜひご相談ください。

派遣社員という働き方が魅力的な理由

派遣社員という働き方が魅力的な理由について、派遣労働の仕組みと派遣社員の待遇改善という点から紹介します。

派遣労働の仕組みから見る派遣社員の働き方

派遣社員は登録した派遣会社が派遣先の企業と契約を結び、その派遣先の企業に就業する仕組みになっています。

派遣社員は派遣先とは雇用関係を結んでいないため、契約内容以外の業務は任されません。
そのため正社員よりも業務量は少ない傾向にあります。
また、勤務日数や曜日など業務形態を柔軟に決められることができることが魅力です。

働き方改革によって派遣社員の待遇改善がされている

派遣社員という働き方ですが、一般的には正社員(正規雇用)と比べて将来的に賃金が上がらないことが課題とされています。

そこで政府は、少子高齢化による生産年齢人口の現象を背景に、様々な働き方の実現を目指す一環として、2020年4月に派遣法を改正しました。

目的は派遣社員の「同一労働同一賃金」の実現です。
「同一労働同一賃金」が実現すると派遣の働き方の大きな課題であった賃金格差が解消に向かいます。

一般社団法人日本人材派遣協会によれば派遣社員の数は年々増加傾向にあり、今後働き方改革によってさらなる待遇改善が見込まれることから、より派遣社員という働き方も増えていくと予想されています。

派遣としてのメリット

具体的に派遣として働くメリットを、特に20代の視点から紹介します。

時間の余裕がある

20代を派遣で過ごす一番のメリットはとにかく時間を確保しやすいことです。やりたことや好きなことに時間を費やすことができます。

好きなことに時間をあてられる

将来を見据えた資格の勉強や夢を実現するためのスキルアップなど、働きながら将来の目標を追いかけることが可能です。
収入が得られるのはもちろん、業務形態の融通も効くのでおすすめの働き方です。

定時退社ができ、休日もしっかり休める

派遣先の企業と雇用契約を結んでいるわけではないので、基本的に残業はありませんし、休日出勤もありません。
また、案件にもよりますがルーティーンワークが多いので仕事が終わらず帰れないことも少ないです。

介護など家庭の都合と両立しやすい

介護などの家庭の都合上、勤務日数や時間、勤務地などに制限が生じる場合もあります。
そういった場合は正社員では両立しづらいこともありますが、派遣に転職をすることで両立できる可能性が高くなるといえます。

様々な業界・職種で未経験でも経験を積める

20代のうちは業界や職種に対して経験の差があまりなく、他の年代と比べても仕事を覚えやすいと言われているので未経験の業界・職種に挑戦しやすいです。

20代で派遣を選ぶ人の中には未経験の業界・職種に挑戦し、キャリアアップを目指す方もいます。

フェローシップでは未経験分野への就業も応援しています。 派遣先で実務経験だけでなく、Eラーニングの提供や資格取得の受験料の一部負担などを通じての実技・スキルの習得が可能です。 しっかりと力がつくので着実なキャリアチェンジが可能となります。

案件によっては給与が良い

派遣の仕事は案件にもよりますが一般的なアルバイトと比べると時給が高い傾向にあります。
案件によっては同年代の正社員の給与と変わらない、もしくは凌ぐほどの(例えば)報酬を得ることもできます。
働きながら夢を追いかける場合も生活に余裕を持つことができます。

また、空いた時間を副業に充てることもできるので頑張った分だけ稼ぐことができます。
副業については派遣会社によっては禁止されている場合もあるので事前にチェックしておきましょう。

責任が大きすぎないので働きやすい

派遣社員は正社員と異なり負うべき責任が大きすぎないので、気持ちに余裕ができやすいです。
正社員では少しハードルが高いなと思う方にはぴったりの働き方といえます。

派遣のデメリット

20代を派遣することのメリットは多くありますが、やはり少なからずデメリットも存在しています。

正社員(正規雇用)と派遣社員(非正規雇用)の違い

給料が上がりずらい

一般的に最も言及されている派遣の大きなデメリットは、正社員と比べて給料が上がりにくいことです。
若いうちは派遣、いわゆる非正規雇用と正社員、いわゆる正規雇用で給与の差はあまりないようにも見えますが、年次を重ねるごとにその差は大きくなっていきます。

ただ、「働き方改革」による派遣法改正によって待遇は改善されつつあります。

責任のある仕事を任せてもらえない

正社員は基本的に年次が上がるごとに大きな仕事を任せてもらえるようになります。 もちろん、派遣社員も同じ派遣先での勤続年数や同じ職種でのキャリアが長くなれば、ある程度キャリアアップした仕事内容を選ぶことも可能です。

将来の責任感のある大きな仕事をやりたい人には物足りない可能性もあります。

派遣社員を経験したのち正社員になることは可能

一般的に20代で派遣社員になるとその後正社員になるのは難しいといわれますが、実際には十分正社員になれる可能性はあります。

なぜなら、派遣社員から正社員への登用のチャンスは十分ありますし、また即戦力としての実力があれば企業は中途採用として採用を検討するからです。

派遣で働きながら成功している人の特徴

20代を派遣で働きながらも、その後成功している人の特徴を紹介します。

派遣で働く明確な目的を持っている

最大の特徴はしっかりと将来設計があり、目的を持って働いていることです。 派遣では様々な業界・職種で働くことができ、またしっかりと自分の時間を確保できます。

よって、どんな目的を持って求人に応募するのか、空いた時間を何に使うのかを意識すると良いでしょう。
具体的な例を紹介します。

資格取得のために空き時間を勉強にあてる

キャリアップをするには空き時間で勉強をすることがおすすめです。
派遣会社の制度を利用して資格に挑戦したり、社会勉強としていろいろな人に会ってみることで成長のために充実した時間になるでしょう。

また、正社員ではなかなか難しいですが、派遣社員という立場を利用して貯金をして留学などの海外経験を積むのも良いでしょう。

未経験分野で経験を積むために派遣で働き、ステップアップする

未経験分野に挑戦するきっかけとして正社員と比べてハードルの低い派遣社員として働くのも良いでしょう。
実際に働いてみることは貴重な経験となります。
働いてみてイメージ通りであれば派遣としてキャリアアップしていき、別の選択肢に魅力を感じれば再度挑戦してみることで満足度の高いキャリアを選択できる可能性が高まります。

20代で派遣に転職するならフェローシップがおすすめ

20代で派遣に転職をするならフェローシップがおすすめな理由を紹介します。

将来のキャリアプランを見据えたお仕事を紹介してくれる

フェローシップは単なるお仕事の紹介ではなく、それぞれが抱くキャリアプランにあったお仕事を紹介します。
また、様々な業界や職種にスタッフを派遣してきたフェローシップが培ってきた豊富な知識量は挑戦したい20代の力になれるでしょう。

豊富な知識量と情報量に基づき、将来設計に悩んでいる場合は適宜提案もさせていただきながら自分らしい人生のサポートします。
※自分らしいキャリアを派遣で実現したい方はこちら

中国語が話せる日本人、もしくは在日中国人の方はTENJeeがおすすめ

20代で派遣の転職を考えている中国語が話せる日本人、もしくは在日中国人の方には「TENJee」がおすすめです。

在日中国人の中でも案件数No. 1を誇る「TENJee」では様々な求人を紹介しています。
特に成長意欲の高い “がんばる人”をあらゆる角度から全力でサポートしますので是非ご相談ください。
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。