コラム&NEWS

派遣社員として働く6つのメリットと注意点、派遣ならではの働き方[派遣2]
2020/12/23
派遣に興味があるけど、実際に派遣社員として働く際のメリットは何だろう?と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、派遣社員の働き方にはメリットがたくさんあります。 人によっては、正社員よりも派遣社員の働き方の方が合っている場合もあるでしょう。

そこで、今回は派遣社員として働くメリットや注意点などについて詳しくご紹介します。 これを機に派遣に関する知識をつけ、自分らしい働き方について考えてみてください。

派遣社員として働く6つのメリット

まずは、派遣社員として働くメリットをいくつかあげます。

自分の希望の条件で仕事を選ぶことができる

派遣社員は、職種、勤務時間、勤務地、勤務日数、給与など、自分の希望の条件に合わせて仕事を選ぶことができます。
勤務時間が短く勤務日数が少ない仕事を探すこともできるため、家事・育児と仕事を両立させたい方やプライベートを充実させたい方にはおすすめです。

パートやアルバイトなどと比べて給与が高い

派遣社員は、パートやアルバイトなどと比べて給与が高いことが多いのも特徴の1つです。 派遣会社や契約によっては正社員と同水準の収入を得ることが可能で、効率よく稼ぐことができます。

残業が発生しにくい

派遣では、基本的に契約で勤務時間が定められており、契約以外の業務が発生しないため、残業が少ない傾向にあります。
もしも、残業が発生してしまった場合でも、しっかり残業代が支払われる仕組みですので、安心して働くことができます。

様々な会社や職場を経験することができる

派遣社員は、自分のスキルに合わせて仕事を選び、様々な会社や職場を経験することができます。

職種が同じでも違う職場を経験することで自分のスキルを高めることができるかもしれませんし、正社員として入社することが難しい会社でも派遣社員としてであれば働くことができる可能性もあります。
他にも、派遣社員から正社員として採用されるケースもあるため、自分に合った働き方を選んで働けるというのが派遣のメリットでしょう。

職種によっては未経験でも働くことができる

派遣の求人には未経験可の求人も多くあるため、未経験から新しい職種にチャレンジしたいという方にもぴったりです。
また、自分の就きたい仕事が未経験者にとってハードルが高いものだとしても、まずは、似たような職種や同じようなスキルが求められる仕事で働いて経験を積むことで、最終的に自分が就きたかった職種にチャレンジしやすくなるでしょう。

派遣会社からサポートを受けることができる

多くの場合、派遣社員として働くには派遣会社と雇用契約を結び、その後それぞれの会社で働くこととなります。
派遣会社が実際に働く会社との間に入ってくれるため、上司にしづらい職場の悩みや契約についての相談などは派遣会社が引き受けてくれます。

また、派遣会社によっては、契約満了後の次の派遣先や長期的なキャリアプランについてもサポートを受けることができますので、安心して働き続けることができます。

派遣社員として働く際に気をつけたい3つの注意点

派遣社員の働き方には様々なメリットがありますが、派遣社員として働く前に知っておきたい注意点もいくつかあります。
しっかり知識をつけて、派遣社員のメリットを生かした働き方ができるようにしましょう。

正社員と派遣社員では雇用形態が違うのに注意

派遣社員には、「同じ派遣先で就業できる期間は3年まで」「勤め続けるためには定期的に契約更新が必要」という雇用形態の特徴があります。

派遣社員では様々な職種や職場を経験できる一方、雇用期間に制限があるため、正社員のように1つの会社に長く勤めあげたいという方にはあまり向かないでしょう。

また、以前は交通費の支給や教育制度、賞与などに正社員と派遣社員の間で不合理な待遇差があり問題視されていましたが、2020年4月に「同一労働同一賃金」が施行され、派遣社員も派遣元の正社員と同程度の教育・研修や福利厚生を受けられるようになりました。

他にも、派遣会社によっては、派遣会社が求職者を正社員として雇用し、契約期間の更新の心配なく働くことができるよう支援する「無期雇用派遣サービス」を実施している会社もあります。

派遣人材事業を行なっているフェローシップでは、同様なサービスとして「スーパーアシスタント派遣サービス」も実施していますので、派遣社員として働きたいけど雇用形態に不安があるという方はぜひ調べてみてください。

スキルや経験の有無によって給与に差が出ることもある

派遣社員では未経験可の仕事も多いですが、スキルや経験によって給与に差が出ることもあります。
特に専門性の高いエンジニアの仕事などは、言語の知識や開発経験の有無などによって給与に差が出る場合も多いでしょう。

派遣の場合、最初は職種にこだわらず、まずは未経験でも就きやすい受付や一般事務などとして業界の基礎的な知識をつけたり資格の勉強をしたりして、そこから業界の経験者としてキャリアアップを目指すのもいいかもしれません。

正社員と業務に違いがある場合もある

正社員と派遣社員の間で、業務に違いがある場合もあります。 派遣社員では、基本的に契約以上の業務が発生しません。

明確に自分でやりたい業務がある場合は、派遣会社などとよく相談しながら自分のやりたいことを実現できる派遣先を選択するといいでしょう。

派遣社員のメリットを活かして自分らしく働くためのポイント

派遣社員は、自分のライフプランに合わせた働き方を選択することができ、様々な職場を経験しながらキャリアアップしていくことができます。
ここでは、派遣社員のメリットを活かしながら自分らしく働いていくために知っておきたいポイントをご紹介します。

自分に合った派遣会社を選ぶ

派遣社員として働く場合は、自分に合った派遣会社を選ぶといいでしょう。 派遣会社によって扱っている求人の数や種類が違うため、自分が興味のある分野の求人数が多い派遣会社を選びましょう。

また、派遣会社によっては、派遣先の働き方や上司に関する相談に乗ってもらえたり、契約満了後に次の派遣先を紹介してもらえたりなど、様々なサポートを受けることができます。

他にも、派遣社員から正社員になりたい人向けのサービスを提供している派遣会社もあるため、自分がどのように働きたいかを考えて選ぶといいでしょう。

キャリアプランやライフプランを立てて派遣先を選ぶ

派遣社員は、様々な職場や会社を経験してスキルアップ・キャリアアップすることができます。
一方、最終的なゴールが曖昧では、せっかくつけたスキルや経験を次の仕事に活かすことができないかもしれません。

派遣先の会社を選ぶ前にまずはキャリアプランやライフプランを立て、しっかり軸を持って派遣先を選んでいくといいでしょう。

自分でキャリアプランやライフプランを立てるのが難しいという方は、派遣会社に相談してみるのも1つの手です。
多くの派遣会社にはキャリアアドバイザーや業界に詳しいスタッフなどが在籍しており、自分の今後のキャリアについてアドバイスを受けたり一緒に考えてもらうことができるでしょう。

派遣に興味がある方は幅広い条件・職種の派遣を扱う「フェローシップ」へ

派遣社員の働き方のメリットなどを見て、自分に派遣社員の働き方が合っていると感じた方は、派遣会社に相談してみるといいでしょう。

幅広い条件や職種の派遣のお仕事を多数取り扱っている「フェローシップ」では、単なるお仕事紹介だけでなく、あなたのキャリアプランを一緒に考え、”なりたい自分”のための様々なサポートを提供しています。

未経験の分野の就業に関しても積極的に支援しており、派遣先で実務経験を積むだけでなく、Eラーニングの提供や資格取得の受験料の一部負担など、キャリアチェンジの支援も充実しています。

また、フェローシップには、業界や職種、職場知識を豊富に備えたキャリアアドバイザーが在籍しているため、派遣社員として働くことを悩んでいる方の相談にも親身に対応し、今後のキャリアについてのアドバイスをすることが可能です。
フェローシップの派遣についてはこちらから

派遣に興味がある方や自分らしい働き方を探したい方は、ぜひ一度フェローシップへご相談ください。
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。