コラム&NEWS

テレワークを機に地元に帰る人が増加中!I・J・Uターン転職成功の秘訣とは[紹介1]
2022/08/02

コロナ渦において、リモートワークが推進される中で、わざわざ高い家賃を払って 東京にいる必要があるのだろうかと考えた方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

毎日遠方から長時間かけて通勤するのとは異なり、出社の頻度が少ない場合はその通勤負担も軽減します。
リモートワークの普及に伴い、都市部から離れよりお手頃な価格で広い家に住むことを検討し始める人は少なくありません。

また、リモートワークによりこれまでの働き方が見直されつつある今日、家族との時間をもっと大切にしたいと考え始めた人も多くいます。
家族や友人とより気軽に会える距離での生活を求めて、地元で新たに仕事を探してみたいというケースも増えてきました。

そこで今回は、今話題となっている地元にかえって仕事を探すUターン転職とは一体どのようなものなのか詳しく解説します。
また、同じく注目を集めているIターン、Jターンについてもご紹介します。

それぞれのメリットや注意点、ぜひおさえていただきたいポイントなどもあわせてお伝えします。

地方の求人情報をお探しの方はぜひフェローシップにご相談ください。
フェローシップでは、経験豊富な転職のプロが一人一人に寄り添いながら理想の仕事探しをお手伝いしております。

有名・優良企業の情報も多数ご用意しておりますので、興味をお持ちの方はぜひ一度、フェローシップの求人情報をご覧ください。
※フェローシップが現在ご紹介中のお仕事情報はこちらから

紹介事業部

コロナの影響によって地方での転職ニーズが高まっている

実際に転職のご相談に乗っている中で、これまでは都内での就業を望まれる方がほとんどでしたが、新型コロナの拡大が進んでいく中で地元で転職活動を始める方も多くいらっしゃいます。

地方への転職と聞くと、都会よりも求人数が少ない点を懸念される方もいらっしゃるかもしれません。
確かに求人情報は都市部になるにつれて多くなる傾向があります。

しかしながら、地方では常に人手が不足していたり、 地元に根付いて経営してきたことでコロナの影響をあまり受けていない中堅企業も多いため、実は多くの求人が出されているケースも少なくありません。

大手企業が地方へ本社を移転し始めている

地方での転職に対して人気が高まっている背景のひとつに、大手企業の本社移転があります。

これまでは大手企業は都心部にオフィスを構え、都心で仕事をしていることにステータスがあったかもしれませんが、コロナ禍をきっかけに地方に本社を移転する大手企業も現れています。

実際、大手人材企業のパソナは、東京都大手町に本社を構えていましたが、2024年までに東京で勤務する1800人のうち1200人が兵庫県淡路島に異動し、本社機能自体も移転させようと動き出しています。

また大手芸能事務所のアミューズも渋谷の高層ビルに本社を構えていましたが、2021年7月に山梨県の富士山麓に「アミューズヴィレッジ」という自然と調和した新たな本社にて事業を再スタートさせました。

リモートワークが進めば、たとえ本社がどこにあっても、どこにいても仕事ができることが広く認知されたことをきっかけに、多くの企業が新たな働き方の導入を進めています。

今後もパソナやアミューズのように企業が地方へと移転することは十分に考えられ、地元や地方に移って仕事を続けていくといった新しい働き方は増えていくことでしょう。

働き方のスタイルが増えることで選べる選択肢も増えるので、働き手にとってはプラスな影響になっていくのではないでしょうか。

東京都からの転出者が転入者を5ヶ月連続で上回った

新型コロナウイルス感染症の拡大を大きなファクターとして、郊外へ移住したり地元に戻ったりと都市部を離れる動きが活発になりました。

リモートワークの普及によって都内で働かないと仕事がないという先入観から脱出し、地方で心にもゆとりを持って仕事できる環境に移りたいと思う方が増えたといえます。
そして実際に、東京都からの転出者が転入者を上回る「転出超過」という現象がみられるようになりました。

数値で見てみると一目瞭然で、総務省の住民基本台帳人口移動報告によると、緊急事態宣言発令後の2020年5月、外国人を含めて集計を始めた13年以降、都で初めて転出超過に転じたそうです。

6月にいったん転入超過に戻りましたが、7月以降は5カ月連続で転出が超過しています。
2022年7月時点で最新のデータである「住民基本台帳人口移動報告 2022年(令和4年)5月結果」においても、東京からの転出者数は転入者数をやや上回る結果となりました。

参考:総務省「住民基本台帳人口異動報告」

また政府の動きとしても既存の制度であった東京23区の在住者らが地方に移住した場合、最大100万円を支給する支援事業について、転職せずにテレワークで東京での仕事を続ける人も対象に加えるなど、地方創生を後押しする施策を打ち出しています。

また、市町村によっては点入社に対し補助金を支給する制度を整えているケースも増えており、公的機関が後押ししている部分も非常に大きいです。

転職で都会を離れ、新たなライフスタイルを始める人は増えている

以上の3つの情報からもわかる通り、コロナ禍をきっかけに都会から離れ新たなライフスタイルを始める人が増えています。
リモートワークを積極的に導入している企業も増えたことから、転職と同時に都会を離れより生活しやすい地域へと移住する人は少なくありません。

また、大手企業も本社や拠点を地方へと移転させる動きがあるため、これらの企業への転職をきっかけに地元や地方へと移住するケースもあります。
政府や地方自治体の補助金も充実しているため、地方転職や移住がますます身近になったといえるのではないでしょうか。

東京以外の地域への3つの移住スタイル

冒頭にもお伝えした通り、都市部から郊外へと移住し転職することを表す言葉として、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職というものがあります。
ここではそれぞれの転職方法の特徴や、どのような方におすすめなのか詳しく解説します。

都会から自分の地元に帰る「Uターン転職」

地元を離れ都会で就職した方が、再び地元に戻って転職することをUターン転職と呼びます。

主なメリットとしては、自分が住み慣れた地域で家族や友人に囲まれながら生活できる点が大きいでしょう。
高齢の両親がいる方にとっては、いざという時にすぐ駆けつけることのできる距離感も魅力が大きいです。

また、都市部とくらべて通勤ラッシュ時の満員電車や渋滞に巻き込まれることが少ないため、通勤のストレスが大きく軽減します。
家賃や食費などの物価が安くなるため、少ないお金でゆったりと暮らしやすいこともメリットといえます。

Uターン転職がおすすめな人

Uターン転職におすすめな人の特徴としては、「両親の近くで暮らしたい人」の他にも「自分の育った環境で子育てをしたい人」や「地元に戻り働くことで故郷に貢献したい人」などがあります。

特に子育てや介護をするにあたって、実家の近くで生活することに大きなメリットを感じる人が多いでしょう。

なお、こちらの記事ではUターン転職に特化して、転職活動の進め方やポイントをご紹介しています。
▶︎Uターン転職のやり方!故郷で自分らしい理想の働き方を実現する方法

都会生まれの人が地方に移住する「Iターン転職」

自分の故郷へ戻るUターン転職に対し、都会で生まれ育ち就職をした人が地方へと転職し移住するケースをIターン転職と呼びます。

生まれ故郷は都会ではあるものの、地方でのスローライフに魅力を感じ転職や移住を決意する方は少なくありません。
これまで地方での暮らしを経験したことがないからこそ、ライフプランのひとつとして移住を考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Iターン転職のメリットとしては、やはり都会の喧騒を離れ通勤ストレスや高い物価から解放されるところにあるでしょう。

同じ家賃でも都市部の方がより広い部屋を借りやすいため、広い空間でのんびりと生活したい方も多くいます。
また、都市部よりも土地の値段も低いため、憧れのマイホームを建てるに当たって地方移住を検討する方もいます。

Iターン転職がおすすめな人

Iターン転職がおすすめな人としては、「地方での暮らしを経験してみたい人」や「マイホームの建設を考えている人」などが考えられます。
また、両親ともに都会育ちであるものの、より自然豊かな場所で子供を育てたいという子育て世帯も増えています。

なお、Iターン転職のポイントについても、こちらの記事で詳しくご紹介しております。
▶︎Iターン転職のやり方とは?地方で仕事を探す方法・メリット、注意点

都会から地元近くのエリアへ移住する「Jターン転職」

就職を機に地元から都市部へと移住した人が、自分の地元近くのエリアで転職し移住するパターンをJターン転職と呼びます。

地方への転職を考える場合、必ずしも最適な求人がでているとは限りません。
そのため、自分の実家近くで転職することが難しいケースも往々にして存在します。
上京していた方が実家近くの地方都市へと移住するなど、実家にすぐに帰れる距離へと転職する場合も多くあります。

Jターン転職の場合は、実家のすぐ近くに暮らすことはできずとも、何かあった時にはすぐに駆けつけることができる距離感で生活することが可能です。
高齢の両親を気にかけている方にとっては大きなメリットといえるでしょう。

また、地方都市では東京などの大都市と比べると物価も安く、通勤ストレスも軽減される場合が多いです。
ある程度の利便性を残しつつ、都市部ならではのストレスから解放されたい方にとってもメリットは大きいです。

Jターン転職がおすすめな人

Jターン転職がおすすめな人の特徴としては、前述した通り「両親のもとに気軽に足を運べる距離で生活したい人」や「ある程度の利便性と都市部ならではのストレスの軽減を目指したい人」などがあります。

自分の地元では求人が少なかった人は、近隣のエリアを検討してみてはいかがでしょうか。

地元や地方への転職・移住のポイント

都会を離れて転職・移住する3つのパターンの魅力についてご紹介しましたが、現在の居住地域から離れた場所での転職活動を成功させるためには、いくつかのポイントがあります。

ここでは地方転職・移住を成功させるために重要な要素を5つ解説します。

地方自治体の移住者支援制度を活用する

地方への移住の場合、冒頭でもお伝えした通り国や地方自治体の制度を活用することが重要です。
転入者に対して、引越し祝い金等の資金が提供されるケース以外にも、都市部からの移住者向けに格安で住居を提供している自治体もあります。

特にコロナ禍をきっかけにこれらの制度の拡充を図る自治体も増えているため、まずは希望の地域のホームページなどを参照し最新の情報をチェックしましょう。

引越しの準備なども含め計画的に進める

地方への転職の場合、当然引越しが必要になります。
そのため、引越しの準備や手続き、費用面も考慮した上で転職活動を進めることが非常に重要です。

これは当たり前のことのように思われるかもしれませんが、転職活動には非常に多くの手間や時間、お金が必要になります。
いざ転職活動に取り掛かってみたところ、スケジュール管理が追いつかなくなってしまう方も少なくありません。

特に現職を続けながら転職活動をおこなう場合、その負担は非常に大きいです。
家族の都合も考慮しつつ、引越し時期や準備期間も考慮した上で転職活動の計画をたてましょう。

費用面の計画も念入りにおこなう

転職活動では、書類の送付はもちろんのこと面接会場への移動に多くのお金がかかります。
特に地方で転職活動をする場合は、交通費や宿泊費の費用をきちんと考慮する必要があります。

面接の日程をできる限り集約し、まとめて地方へと移動するなどの工夫が重要となるので、きちんと予算管理をしながら計画的に転職活動に臨みましょう。

商業施設などの娯楽は都会と比べて減る

地方へ移住する際のメリットについて多くお伝えしましたが、デメリットについても留意しておく必要があります。
多くの地方移住者が感じるデメリットのひとつに、娯楽要素が都会と比べて減ってしまう点があります。

自然が豊かなエリアも多い反面、テーマパークやショッピングセンターなどの大型商業施設はもちろんのこと、カフェやレストラン、期間限定のイベントなどこれまで都市部では何気なく足を運べていたスポットが大きく減ることには注意が必要です。

これは家族にとっても同様のことですので、パートナーや子どもと一緒に気軽に訪れることができる娯楽施設が減ってしまうことは理解しておきましょう。

公共交通機関が都市部より少ない

通勤ラッシュなどの都会の喧騒から離れられることは地方移住の大きなメリットですが、その反面公共交通機関の数は都市部よりも少ないです。
電車の本数やバス停、駅の数などは減るため、生活する上で車がないと不便なエリアも多いです。

都市部では自家用車を持たずに生活している方も多くいますが、地方移住の場合は運転免許や自家用車の取得も頭に入れておく必要があるでしょう。

地域の文化や慣習、ご近所付き合いに慣れる必要がある

地方へ移住する際には、その土地の文化や慣習に適応する必要があります。

伝統的なお祭りや風習はもちろんのこと、ご近所付き合いや地元の行事などについても、地方に行くほど積極的な参加が必要になるといえます。
移住前に地域の伝統について調べたり、実際に街を歩いてみたりと、その土地の雰囲気を掴んでおくと安心です。

また、自分の地元へ帰るUターン転職の場合でも、一緒に移住する家族の負担を考慮しておく必要があるでしょう。

フェローシップでは、都心だけでなく全国各地の求人をご紹介可能です

弊社 フェローシップでは、コロナ以前よりプロフェッショナル人材事業という内閣府が出しているプロジェクトに参加させていただいております。

各都道府県の地元企業から求人の依頼をもらい、U・Iターンを希望されている方に対して転職活動のお手伝いをさせていただいておりますので、地方の求人情報をお探しの方はぜひ弊社にご相談ください。
※U・Iターン転職にご興味ある方はこちらからご相談ください

実際にプロフェッショナル人材として転職に成功された方は多数いらっしゃいます。またプロフェッショナル人材求人だけではなく、首都圏以外の全国各地の求人も多数扱っております。

もちろん元々お住まいのかたも紹介可能ですし、これから地方への移住・転職を考えているという方がいらっしゃったらぜひ一度ご相談していただけたらと思います!

地方での求人状況、年収水準、ライフスタイルと合わせてどちらの方があっているのか等お気軽にご相談ください。
紹介事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。