世界各国より優秀なエンジニアの調達

現代において、経済は国境のないボーダーレスな環境で動いています。

GEglobalrecruit

また、少子高齢化の進んでいる日本では、人材不足が国際競争力を低下させる大きな要因となっています。
一方、国を越えてキャリア形成に挑戦するチャンスは少ないのが現状です。
しかし、その人の能力やキャラクター、情熱を最大限に活かせる場所は地球の裏側にあるかもしれません。企業にとって、そして働く人にとっても、“グローバル化”は避けて通れなくなってきています。


 外資系企業と交流する機会の多かった当社代表取締役社長の小山は、大手企業ですら外国籍人材の採用に積極的ではない時代から、自社にて外国籍人材を採用し、その活躍を支援し続けてきました。そして、日本企業にもグローバル人材を獲得していこうという機運が高まっていくと確信。外国籍人材を専門とした、グローバル事業をスタートさせました。その確信は現実となり、現在は日本政府も積極的にグローバル採用を推進中です。

当社では一歩先を進んできた実績により、優秀な外国籍人材の採用スキームを他社に先んじて構築。

海外教育機関との連携、海外での採用イベントの運営や参加など、アジア圏において、常時10,000名を獲得できる調達能力を保持するまでとなりました。
日本では少子高齢化が叫ばれています。しかし、例えばカンボジアでは国民の平均年齢が24歳で、経験豊富でスキルフルな人材が不足しています。国ごとに異なる様々な課題を抱えていますが、国という枠を越えて考えてみれば、その解決策はすぐに見つかる可能性があるのです。
そんな中でグローバルエンジニア事業部は、人々が国境や国籍に関係なく、仕事を通じて自己実現できる社会をつくることを主テーマの1つとしております。プログラミング言語は世界共通であり、国内外において労働人口の課題を解決しなければならない現状において、外国籍のエンジニアが活躍できる環境の整備は急務です。

また、日本国内では外国籍人材の活用を積極的に行いたいと考えている企業も多くありますが、

外国籍人材が活躍する環境を整えられていない、現場のノウハウがないとの声を耳にします。特に、外国籍の方が活躍する際に、最初の課題となる点が語学力です。当社では、専門のバイリンガル、トリリンガルサポート職を設けており、外国籍人材の来日から業務定着まで強力にサポートする体制があります。

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。