No.60249

**法務プロフェッショナルAIの経理総務

おすすめPOINT ・自律性:マイクロマネジメントをされない環境です。自律性をもって動ける方を求めています。
・セクショナリズムに陥らないこと:スタートアップのため、まだフローが整っていません。当初言われていないことやまだやったことがないことを「それは自分の仕事ではない」と拒絶するのではなく、一緒にやっていってくれる人を求めています。
・積極性:経理業務に詳しい人間がいないため、最大限意見を尊重して一緒にフローを作っていきたいです。ぜひ積極的に意見を言ってください。

仕事内容 年次決算業務、
月次業務、
仕訳、
見積書・請求書発行業務、
税金関連業務 等
勤務地 東京都23区 千代田区,中央区
勤務時間 原則10:00~19:00(実働8時間)
※勤務時間帯前倒しや、時短勤務もある程度まで考慮可能です。
給与(時給・年収) 年収 400万円~600万円
応募資格 買掛金管理・売上金管理・年次決算業務を含む経理の実務経験
活かせるスキル・経験 ・経理システムの導入や整備の経験
・給与計算の経験
・オフィス移転の経験
・労務業務の経験

企業情報

業界 IT・通信
企業概要 【事業内容】
AIによる契約書レビューサービスを軸に企業の契約書作成を包括的にサポートするSaaSを開発・販売しています。
【会社の特徴】
法律事務所および企業法務向けにWebサービス/SaaSを提供することを目的に、
2017年4月に設立され、テクノロジーでユーザーの期待を超え続けるサービスを提供することを目指
す。
日本ではテクノロジーの導入は遅れており、今なお“労働集約的”な産業構造を持ち、
また、サービス提供側である実務法曹にとっても長時間労働となりがちなのが現実である。
同社は、こういった法律に関する公共・民間を含めたレガシーな部分に着目し、
法にまつわる行政サービスや法律専門家によるリーガルサービスの提供のあり方を、
テクノロジーのチカラで根本から変革していく。
代表を務める角田、小笠原の両氏は法律事務所を経営する現役の弁護士。
そのため、実務法曹やそのユーザー企業が今何を必要としており、何に不満を持っているのか熟知し
ている。
その上で打ち出したSaaS第一弾が、2019年4月に正式にローンチした"LegalForce"。