No.80666

*【事務】契約書分析業務(英語)

おすすめPOINT 【スペースを開けて席を確保・空気清浄機完備!等、コロナ対策をしっかりしているオフィス環境で安心就業】▼駅直結のオフィス ▼服装自由 ▼新聞や雑誌にも取り上げられた注目企業 ▼リリースから2年で400社以上が導入した注目のサービス等を提供 ▼ウォーターサーバー・1品100円のぷち社食オフィスおかん有り

【一日換算】1万5200円~1万6000円
【月収例 ※月21日換算】31万9200円~33万6000円
※交通費別途支給(社内規定有)
※残業が発生した場合は別途残業手当あり(社内規定有)
仕事内容 【契約書を読み、目的に沿って分析する業務】

・教師データの作成
・AIが実際に正しい学習を行えているかどうかのチェック
・AIが正しい学習を行えていないことが判明した場合の原因の究明と修正 等

【仕事No FESHIP80666】
勤務地 東京都23区 江東区
最寄り駅 豊洲駅 直結
東京駅からバス20分
月島駅からバス7分
勤務日(休日) 勤務曜日:月、火、水、木、金
休暇  :土、日、祝日
勤務時間 9:00~18:00(休憩1時間)
※6~7時間/日の時短勤務への対応可能
給与(時給・年収) 時給 1,900円~2,000円
契約期間 長期・期限なし
応募資格 ・英文契約書をレビューしたことのある経験(3年程度くらいからを想定)
・企業の法務部での経験
・企業法務をメインで担当する法律事務所のパラリーガル
▲積極採用中!気になったらまずはご応募ください▲
活かせるスキル・経験 ・企業法務またはパラリーガルで大量の契約書を読み込んだ経験

企業情報

業界 IT・通信
企業概要 【事業内容】
AIによる契約書レビューサービスを軸に企業の契約書作成を包括的にサポートするSaaSを開発・販売しています。
【会社の特徴】
法律事務所および企業法務向けにWebサービス/SaaSを提供することを目的に、
2017年4月に設立され、テクノロジーでユーザーの期待を超え続けるサービスを提供することを目指
す。
日本ではテクノロジーの導入は遅れており、今なお“労働集約的”な産業構造を持ち、
また、サービス提供側である実務法曹にとっても長時間労働となりがちなのが現実である。
同社は、こういった法律に関する公共・民間を含めたレガシーな部分に着目し、
法にまつわる行政サービスや法律専門家によるリーガルサービスの提供のあり方を、
テクノロジーのチカラで根本から変革していく。
代表を務める角田、小笠原の両氏は法律事務所を経営する現役の弁護士。
そのため、実務法曹やそのユーザー企業が今何を必要としており、何に不満を持っているのか熟知し
ている。
その上で打ち出したSaaS第一弾が、2019年4月に正式にローンチした"LegalForce"。